診療時間はこちら

ご予約はWEBまたはお電話よりお願い致します。
ご質問などもお気軽にご相談ください。

診療時間 日祝
9:00〜13:00 ×
14:30〜18:00 × ×

:月曜日…18:30まで :土曜日(隔週)…9:00〜14:00 ※月1~2回
【休診日】日曜・祝日

最新の休診日などはお知らせまたは診療日カレンダーをご覧ください。

歯を失ってしまった方へ

ただ噛めなくなる
だけではありません

事故や虫歯などで歯を失ってしまうと、見た目だけにトラブルが起こるのではなく、体全体にもさまざまな悪影響を及ぼします。
たとえば、歯並びが悪くなったり、咀嚼力が弱くなったり、体のバランスが崩れたりなどの症例があります。そのため、歯を失った場合は迅速に歯を補う治療をはじめましょう。

歯を抜けたままに
しているリスク

  • 隣の歯が傾いてしまう

    歯の無い状態を放置すると、少しずつ隣の歯が空いたスペースに傾いてきます。見た目だけの問題ではなく、噛み合わせも悪くなるので、食事や会話がしづらくなります。

  • 噛み合うはずの歯が
    伸びてしまう

    歯を失った箇所をそのままの状態にしておくと、反対側の歯が徐々に噛み合う歯を求めて伸びてきます。結果的に上下の歯の高さがバラバラになってしまいます。

  • 残った歯の負担が
    増大してしまう

    歯を失うと、残った歯への噛む力が増します。たとえば歯の抜けた箇所の反対側で、食べ物を噛む傾向が強くなります。放置すると一部の歯にダメージが蓄積し、さまざまなトラブルを引き起こします。

  • 周囲の歯が虫歯や
    歯周病になってしまう

    歯の欠損を放置すると歯並びが悪くなり、歯垢や歯石などが付きやすくなります。また噛み合わせも悪くなることから、特定の歯にダメージが蓄積します。結果的に虫歯や歯周病のリスクが高まってしまうのです。

3つの治療法

歯を失ってしまった場合の治療法としては、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット
  • 天然歯に限りなく近い審美性がある
  • 周りの歯を削らずに処置が可能
  • 天然歯と同じような力で噛むことができる
  • 顎の骨が瘦せるのを予防できる
  • ほとんどのケースで歯を削らずに治療可能
  • スムーズに治療を受けられる
  • ほとんどのケースで歯を削らずに治療可能
  • 見た目が素材次第でより自然に近づけられる
  • 固定式のため、噛む力が強い
  • 治療後の違和感が少なめ
デメリット
  • 治療費がやや高額に感じられる場合がある
  • 外科手術を伴う
  • 素材により違和感を覚えやすい
  • 年齢により顎の骨が痩せてくると合わなくなってくる可能性がある
  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担をかける
  • 発音に支障が生じる可能性がある
  • 歯の抜けた部分の骨が痩せる場合がある

インプラント

  • インプラントとは

    ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムを使用しております。世界で多くの科学的文献で証明されているインプラントシステムです。顎の骨にフィクスチャー(人工歯根)を埋め込み、その上にアバットメントと言う土台を立て、人工歯をかぶせます。
    天然歯と同じような見た目・咬合を得ることができ、ブリッジのように隣の歯を削らずに済むというメリットがあります。
    なお、インプラントを長持ちさせるには、天然歯と同じで歯磨きや歯科医院でのメインテナンスを受けることが必要不可欠です。

    治療期間・回数
    2ヵ月~6ヵ月程度・3回~5回程度
  • インプラントの特徴

    • 周囲の歯を削らなくて済む

      インプラントは人工歯根を埋め込むので、1本だけ抜けている場合は両隣の歯を削る必要がありません。そのため健康な歯質を温存したまま治療を終えられます。

    • 他の歯の負担を減らせる

      インプラントは、噛む際に加わる力が1本ごとです。しかし、ブリッジや部分入れ歯の場合は残っている歯で支えるため、健康な歯への負担が大きくなります。

    • 見た目に自然な仕上がり

      インプラントは、個々人の歯の色に合わせて色調を変えられます。また周囲の歯を削ることもないので、お口元が自然な仕上がりになります。

入れ歯

  • 当院の入れ歯治療について

    ピッタリとお口にフィットした入れ歯は、顔が若々しくなったり、おいしく食事を楽しめたりとさまざまなメリットがあります。
    そのため、当院では事前にカウンセリングを丁寧に行い、ご要望を伺ったうえで、一人ひとりに適した入れ歯をご提案します。

  • 入れ歯の特徴

    • 保険適用の入れ歯なら安価

      健康保険が適用される入れ歯は、他の治療法と比較すると費用がリーズナブルです。

    • ブリッジより広い対応範囲

      ブリッジ治療だと、3本以上の歯の欠損は対応が困難です。一方で入れ歯を用いれば有効な治療が可能となります。

    • 多彩なバリエーション

      入れ歯には多種多様な種類があり、それぞれの患者様の症状やニーズに合わせたタイプを選択・作製できます。

  • 入れ歯の種類

    保険適用の入れ歯

    保険適用の入れ歯は、素材や作製手順が国から定められているため、リーズナブルかつ短期間で治療を行えます。また、壊れても修理がすぐに済むことがほとんどです。
    一方で、食べ物の温度を感じにくかったり、装着時に違和感を覚えやすかったりすることもあります。

  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャーは、留め具に金属のバネが使われていないタイプの入れ歯です。
    留め具には金属の代わりに、歯ぐきの色に合わせた樹脂が使われており、装着時の見た目が自然な印象になります。

    治療期間・回数
    2週間程度・5回程度
      • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません
      • 薄く作製することで、使用時の違和感を減らす効果が期待できます
      • 保険が適用できないため自費診療となります
      • 衝撃に弱い素材で、破損すると預かり対応になるため、歯のない時期ができてしまう恐れがあります
      • 特殊な素材で作製するので、破損した際、次の装置が出来上がるまでお時間をいただく場合があります
      • 装置を固定するため、引っ掛ける歯がない方はご使用いただけません
  • 金属床

    歯ぐきに当たる床の部分が金属で構成されている入れ歯です。食べ物や飲み物の温度が伝わりやすく、食事を美味しく楽しめることができます。またフィット感に優れているのもメリットです。

    治療期間・回数
    2週間程度・5回程度
      • 保険診療のプラスチック(レジン)より頑丈で、薄く加工できます
      • 金属を土台に使うため、頑丈な義歯を作製でき、しっかり噛むことができます
      • 金属から熱が伝わり、患者様が味覚を感じやすくなることで、より食事を楽しめるようになります
      • 保険が適用できないため自費診療となります
      • 金属アレルギーをお持ちの患者様は使用できない可能性があります
      • 素材に重みがあるため、金属床を装着した際に違和感を覚える場合があります
  • Point

    自費補綴物を対象に
    安心の10年保証を

    当院ではこれまで自費診療を受けたことがない患者様にも安心してお試しいただけるよう、自費の被せ物・詰め物・入れ歯・インプラント治療に関して、条件を満たした方に「10年保証」をお付けしております。
    詳しくは担当医にご相談ください。

費用について

インプラントや入れ歯(義歯)の費用については以下の料金表をご覧ください。